青華きもの学院情報

花魁の着付けと帯結び

花魁の着付けと帯結び

この記事は、花魁の着付けに興味がある方、着付け上級者向けに書いています。

いよいよ成人式も間近に迫ってきました。着付け教室の新年度は、成人式の着付け

が終わってからが新年です。

さて、今回は「花魁の着付けと帯結び」紹介です。

花魁の着付けは、歌手の倖田來未さんが、

オリジナルの振袖をプロデュースし、

花魁の着付けでカタログに出たころから、

急速に広まったのが、記憶に新しいところです。

令和になってからは、

成人式で花魁の着付けと帯結びをしてほしい。

というご要望はほぼ、なくなりました。

花魁の着付けに関しては、業界では論争が巻き起こるくらい、

有名な問題ですがこの論争の是非については、

こちらで扱わないこととします。

青華きもの学院では、成人式の着付けで

「花魁の着付け」を依頼された場合は、

花魁の着付けについて、説明したうえで、着付けを行っています。

今回は着付けの技術的なところに絞って、

「花魁の着付けと帯結び」を解説してい行きます。

 

「花魁の着付けと帯結びのコツ」

① 補整は胸回りにはせず、帯回りのみ行う。

② 両肩は左右対称 ※ 肩はださない。

③ 紐使いは古典の紐使い。

④ 帯結びは文庫系で結ぶ。

 

① 補整は胸回りにはせず、帯回りのみ行う。

花魁の着付けは前結びになるため、通常の振袖着付けで

行う、胸回りの補整は行いません。

② 両肩は左右対称 ※ 肩は出さない。

両肩はきれいに左右対称を意識する。

通常の着付けより、広めにとりますので、ここは意識しましょう。

通常の振袖着付けでも両肩の左右対称は、必須です。

③ 紐使いは古典の紐使い

成人式の振袖着付けは、

腰ひも使いは現代では、

正面から左右対称に同時に結びますが

花魁の着付けの場合、

古典の腰ひも結びは、

下前の脇から左、右と片方づつ決めて結んでいきます。

めったにやらない花魁ですが、花魁着付けの場合、古典の紐結びの方が

合理性があります。

④ 帯結びは文庫系で。

ここは一番重要なところで、花魁のように見せるわけですから、

帯がだらりとなるように、帯結びは「文庫系」に結ぶのがいいですね。

ちなみに後ろ姿は、このようになります。

花魁の着付け 全体 後

花魁の着付け 後 帯の部分

着付け技術の向上、特に古典の着付けを理解するうえでは、

花魁の着付けを学ぶのも、いいですね。

成人式着付本番まで、体調管理に気を付けていきましょう。

 

 

 カテゴリー

 アーカイブ

着付け教室のブログです。テーマは「花魁の着付けと帯結び」。早く確実に着付けが上達したい方はぜひ青華きもの学院へ。青華きもの学院の着付けは理論化されたカリキュラムで身体に負担が少なく着崩れしにくい着付け方法を身に着けることが可能です。これまでに体感したことのない着付けをぜひ学んでみてください。

青華きもの学院では、様々なメディア・雑誌・イベントなどに着付けをご協力させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

青華きもの学院フリーダイヤル

03-5315-0783

電話受付:10:00〜18:00 定休日 祝日、年末年始、教室定休日