青華きもの学院情報

着付教室が解説 振袖のふくら雀 古典と現代

着付教室が解説 振袖のふくら雀 古典と現代

着付初心者水浅葱クラスお申込み、お問い合わせ、資料請求

ありがとうございます。オンライン着付け講座のご登録もありがとうございます。

本日は、振袖帯結びの一番の王道「ふくら雀」の解説です。

ふくら雀は、寒い冬に全身の羽毛に空気を膨らませて、寒さをしのいでいる雀の様子で

「福良雀」とも書き、雀は厄をついばむものとされ、福や繁栄を願う縁起のいい帯結び

とされてきました。皇室では、振袖の帯結びによく「ふくら雀」が結ばれます。

振袖の帯結びの基本三種、お太鼓系、文庫系、立矢系のお太鼓系にあたる帯結びです。

こちらが古典の帯結び「ふくら雀」 青華きもの学院では真・行・草の「真」にあたります。

三重紐を使わない古典の帯結びで、両羽とお太鼓の部分が箱ひだで構成されているのが大きな特徴です。

振袖の帯結びとしては、最も正統かつ一番難易度が高い帯結びになります。

全体の後ろ姿

こちらは正面です。ふくら雀で帯結びを結んだ場合は、帯〆の結び方は「藤結び」

帯揚げが「いりく」になります。

現代の帯結び「ふくら雀」は、三重紐を使い、お太鼓のみに、はこひだを作ります。

きもの学院 振袖の帯結び ふくら雀6

全体の後ろ姿がこちら。

いかがでしたでしょうか?現代の成人式で帯結びでふくら雀を指定されることはきわめて、稀です。

ただ最も格式の高い振袖の帯結びですので、着付師を目指す方はぜひ習得していただきたい帯結びです。

今回は、真・行のふくら雀を解説いたしましたが、当然、草のふくら雀もございます。

もうすぐ9月に入り、青華きもの学院では成人式の着付けに向けて、

本格的な講習、練習に入る時期。体調に気を付けて、稽古に励んでいきましょう。

————————————————————————————————————-

青華きもの学院 オンライン着付け講座

青華きもの学院の着付け講座が、オンラインで受講できる会員サイト。

簡単登録ですぐに視聴できます。パソコンやスマートフォンから好きな時間、好きな場所で

見れるので、ご自分のペースで学ぶことが可能です。

登録はこちらの画像から↓↓

青華きもの学院 公式ラインアカウント

青華きもの学院のお得な情報を公式ラインアカウントで配信中。お得なクーポンを配信することも。

ご登録はこちらから。

 

 カテゴリー

 アーカイブ

着付け教室のブログです。テーマは「着付教室が解説 振袖のふくら雀 古典と現代」。早く確実に着付けが上達したい方はぜひ青華きもの学院へ。青華きもの学院の着付けは理論化されたカリキュラムで身体に負担が少なく着崩れしにくい着付け方法を身に着けることが可能です。これまでに体感したことのない着付けをぜひ学んでみてください。

青華きもの学院では、様々なメディア・雑誌・イベントなどに着付けをご協力させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

青華きもの学院フリーダイヤル

03-5315-0783

電話受付:10:00〜18:00 定休日 祝日、年末年始、教室定休日